ひとり言

28点分集めるのは大変?ヤマザキ春のパンまつり2021

今年も始まりました「ヤマザキ春のパンまつり」、2021年で41回目を迎えました。

いつも昼食におにぎりを食べているけど、年中全く同じものを食べるのもなと思って、祭りだしこの時期はパン食にして、ついでにお皿をもらっちゃおうと参加し始めたのがきっかけだったと思います。

なので今日の買い物では、おにぎりの具ではなく、ロイヤルブレッドとハムとチーズを買いました。

 

お皿をもらうには、28点分シールを集めないといけない

28点必要、春のパンまつり2021

 

今年は、お皿の交換点数が25点→28点に増えていて、もらった台紙を2度見してしまいました。

もらえるお皿が少し大きいからというよりは、ご時世的なもの(フランスの状況、製造コスト増・輸送費など某感染症の影響?)な気がするけど、一気に3点も上がるのは少々キツイです。

うちは3人家族なので、家族分揃えるには計9点プラスしないといけません。

人数分揃えているよって家庭は、増えたポイント分をしっかり把握しておく必要があります。

 

白いスマイルディッシュをもらおう

2021年のお皿は、「白いスマイルディッシュ」(直径21cm×高さ3cm)。

大きくて深さのあるデザインで、メインディッシュやスープにぴったりです。

もちろんトーストにも使えて、ワンプレートメニューなど幅広く使えるでしょう。

 

2016年の「白いフレンチディッシュ」(幅20cm×奥行20cm×高さ2.5cm)以来、直径20cm以上の大きめなお皿です。

ちなみに、2011年に同名の白いスマイルディッシュ(幅23cm×奥行23cm×高さ2.5cm)があって、その時より少し小さくて深いお皿になっています。

 

シンプルに丸くて大きいお皿は使いやすい洗いやすいと便利なので、やはり家族分欲しいですよね。

 

対象商品の点数に大きな変化なし

2021年は、主要商品の点数に変動はありませんでした。

去年、ダブルソフトが3点→2.5点になってショックを受けた覚えがあります。

点数変動が無い代わりに、交換点数が28点になっちゃったんですかね?

 

食パンや食卓ロールが効率よいのはいつも通りです。

私はあまり深く考えずに、1点100円目安でみています。

 

安く効率よくお皿が欲しいという人は、並々ならぬ探究心で調査したサイトがあるので、ここを参考にすれば効率よく点数を集められるでしょう。

今年は、カロリー情報も追加してあって、至れり尽くせりです。

 

細かいことは気にせず、1ヶ月1枚ペースでお皿を目指す

家族3人なので、1ヶ月1枚もらえれば人数分お皿が揃います。

1ヶ月1枚といってしまえば、いつものペースと変わらないのですが、やはり28点集めるという3点プラス分が地味にキツイです。

両親はそこまでパン食に積極的ではないので、私がたくさん食べることになるでしょう。

 

去年、まるごとバナナ(1.5点)好きだけど、価格やカロリー的にどうかなぁという話をしました。

だけど、特売でつい買って食べてしまったホワイトデニッシュショコラ(1点)のカロリーが426kcalと高カロリーだったので、私にはその辺を考えても無駄でした。(まるごとバナナは431kcal)

 

体重を増量しようとしているし、細かいことはいいんですよ。

食べた分、がんばって動いて鍛えればいいのだ。

では、また次回。