ひとり言

うちの母が、鬼滅の刃を読み始める。

テレビであれだけ鬼滅鬼滅といわれているから、試しに単行本あるんだけど読む?とおかんに聞いてみたら、読んでみたいといったので貸すことにしました。

おそらくマンガを読むのは数えるほどしかないはずで、67歳に少年誌のマンガは受け入れられるものか半信半疑でございます。

 

本当はある程度の巻数を読んだ上での感想を書きたかったけど、あまりにも読む速度が遅いので今回は読み始めたよという話です。

単行本だけど1話ずつ読んでますから。

おかんはいつも松本清張を中心に、毎日朝に半身浴しながら本を読んでいて、本を読む習慣が無いわけではありません。

さすがに私の本を風呂場に持ち込まれると、ふにゃふにゃになって困るので居間で読んでいます。

読むタイミングやいつもと違う読書習慣のせいか、私が思っている以上に読み進んでいません。

 

マンガをほとんど読んだことがないし、世間で騒いでいるだけでやはり合わなかったかなぁと、未だに1巻に刺さりっぱなしの栞を見ながらそう思っていました。

冒頭で引き込まれるかどうかが読み進める上で最初のポイントで、松本清張などもちゃんと好き嫌いがあるそうです。(トリックが理解や納得できるかそうでないかだと思う。)

 

どう?と、たずねてみたところ、面白いよと言っていました。

世間で面白いっていわれているから、きっと面白いのだろうなと補正が掛かっているんじゃと思う部分もぬぐえないけど、つまらない・さっぱりわからないといわれるよりはやっぱりうれしいもの。

 

このままゆっくり読むのか、面白くなってきて読み進む速度が速まるのか、はたまた脱落するのか。

読み進めていくうちに、最終巻も発売されているでしょう。

もしかしたら本を読むより、アニメから入ったほうがわかりやすかったかもしれません。DVDを買ってないけど。

映画を見に行きたいとは、おそらく言わないかな。

 

私個人としては、おかんが普段しないことをしているという事が、何よりもうれしかったりします。

続報が書けるといいですね。

では、また次回。