ひとり言

閑静な住宅地にキジが居て、画像も撮れた

閑静な住宅街にいたキジ

仕事から帰り車から降りると、向かいの空き地にハトが2匹。

少し奥にもう1羽、ハトとは全く違う濃い緑の大きな鳥がいるじゃないですか。

以前、見たけど写真に撮れなかったよーと記事を書いたキジです。

 

あれからひと月経っています。

また見られるということは、近くの河川敷にでも住んでいるのでしょうね。

キジが庭にいた、住宅地に現れる鳥なの?夕方、仕事から帰ってご飯を食べていたら、何やら親父が何かを言っている。 そこそこおじいちゃんで、アゴと喉が弱ってきたせいもあって、...

 

今度こそはと、カバンからタブレットを取り出し、こっそりと近づきました。

道路を堂々と歩くキジ

私が追っているのを知ってか知らずか逃げているようにも見えましたけど、道路の真ん中を平然と歩いていくキジ。

 

飛んで逃げないでと願いながら慎重かつ急いで追うと、近所の畑に入っていきました。

近所の畑で佇むキジ※パソコンでご覧のかたは拡大できます。

 

逃げられるかもしれなかったけど、わりと近くに寄って撮ることができました。

これは、はっきりキジとわかる堂々とした佇まいです。

 

さすが国鳥。

 

縁側から出てきた家のご主人と会釈をし、一緒にキジを指差し、確認した直後にキジはバサバサと大きな音を立てて飛び去りました。

(いくら近所で顔見知りとはいえ、他人の家の庭を撮る不審者には違いないから気をつけましょう。)

 

キジを確認して、しっかりとこの手で撮れてよかったです。

見たというだけ、ケーンケーンと鳴き声を聞いたといっても、やはり画像がないとイマイチ真実味がないとは思っていました。

 

向かいの空き地はどこか業者が買ったようで、今度家を建てて売るらしいです。

家を建て始めて騒がしくなれば、キジは寄ってこないだろうなと思っていたので、この機を逃さずに済んで良かった。

 

撮ることに夢中で、キジに対して思うことがあまり浮かびませんが、あえて何かいうとしたら、赤や緑の部分部分の色がすげー濃かったなーくらいですね。

では、また次回。