ひとり言

9月初旬のリンゴはつがる・サンつがる

毎週スーパーでリンゴを買っています。

8月はニュージーランド産の品種が多かったけど、9月に入り「サンつがる」が店頭に並んでいたので購入しました。

 

つがる・サンつがるとは?

つがるは、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)で、「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」を掛け合わせて生まれたリンゴです。

これと同じ組み合わせで、群馬県生まれの「あかぎ」とアメリカ生まれの「ジョナゴールド」があります。

「つがる」は早生種のリンゴで8月頃から収穫が始まり、収穫量は日本全体で「ふじ」に次いで第2位の品種です。

早生種の中でも甘みが強く食べやすいので、人気のあるリンゴになります。

 

また、気温が高い時期に出回るので、貯蔵がきがず旬の短いリンゴです。

常温だと1ヶ月ほどしかもたず、柔らかくなるのが早いので、保管には注意が必要になります。

心配であれば、新聞紙などで包んで冷蔵庫の野菜室に入れておくといいでしょう。

 

「サン」のあるなしについては、「ふじ」と同じ理由です。

ふじとサンふじの違い【有袋】【無袋】りんごうまいねりんごうまい りんごを食べながら書いています。 腸内環境を整えて免疫力が上がるってことで、よく食べるようになりました。 食...

 

食感、味の特徴

果実の断面は「ふじ」に見られる蜜はなく、白くてキレイです。

食感は柔らかめでサクっとしています。

酸味は少なく果汁は多め、甘くてさっぱりとした印象でした。

 

まとめ

青森県生まれの「つがる」は早生種の中で、収穫量も多く人気の品種です。

サンつがるのほうが手に入りやすく、店頭でよく見かけるでしょう。

ですが旬は短いので、手に入るのは10月中旬頃までだと思います。

 

果汁が多く、甘くて爽やかな食べやすいリンゴです。

9月初旬の残暑が厳しい今の時期にピッタリな、みずみずしい「つがる」「サンつがる」を是非食べてみてください。

では、また次回。