ひとり言

ファイブスター物語をやっと揃えた

いつか揃えようと思っていた「ファイブスター物語」を、現在発売されている15巻まで揃えました。

 

経緯は忘れましたが、前の職場の先輩から面白いよと勧められ、借りて読むことになりました。

最初は、登場人物は多くその度に話や主要人物が変わり、時系列も急に飛ぶし、難解な印象が強かったです。

ただMH(今はGTM)はカッコよかった。メカニックデザインをしていた重戦機エルガイムのエルガイムMk-IIが好きだったし。

 

情報量が多すぎるので、2周、3周読み返してみると、国家の関係や人物の相関図がわかってきてだんだん面白くなってきます。

かなり長いこと借りていて、4周目を読んだ辺りで「そろそろ返してください」と苦笑いされてしまったで、すいません長い間ありがとうございましたと本を返しました。

 

4周もしたのですぐに買い揃えることはせず、新刊がでたらまとめて買おうと思い、遅筆とはいえいつかくる発売日を待っていたんです。

読んだ当時は12巻までで、13巻の発売を待っていたけど、映画に注力していたのか一向に発売される気配なし。

12巻の発売が2006年。私が読んだ時は2010年くらいだったと思います。

やっと13巻が発売されたのが2015年。私が待つこと約5年、12巻発売からは9年経ってのことでした。

 

ですが、13巻が発売された当時の私は、勤めていたところを辞め無職の引きこもり状態に。

13巻をまとめて買うお金の余裕は、当然ありませんでした。

後に無職を脱し、再び働き始め現在にいたるけど、空白期間で失った必要なものを購入したり少しずつ貯金を作ったりしていたので、娯楽に使うお金は少なかったです。

まずはパソコンを買いたかったし。

 

そんなこんなしていたら、14巻、15巻と新刊が発売していて完全に本を買い揃えるタイミングを失っていました。

無理して買おうと思えば買えたけど、一気に読みたかったので、全部揃えるとなると1万を超える金額になってしまうなと、勝手に躊躇していたところもあります。

本にしては大きな金額になるので、ネットで買うよりは地元の本屋でお金を使いたいと思っていました。

ですが、1巻がずっと抜けていて入荷を待っていたというのも買えなかった理由の1つです。

 

お金に余裕ができ、衝動的に買っちゃおう!と思い、店員さんに1巻の問い合わせをしたところ、入荷待ちですねとだけ言われただけで、何週間も待っても音沙汰がありません。

しかたなく、1巻だけAmazonで注文して残りを本屋で買うことにしましたが、棚をよく見てみると12巻と13巻も無い……。

取り寄せ可能か聞いてみると、12巻の在庫が別の店舗にもなく時間が掛かるらしい。

Amazonにも中古しか見当たらない。

地元の本屋巡り(とはいえ数件しかない)をしてなんとか15巻揃えることができましたが、こんなことになるなら、最初から15巻セットをネットで買ったほうが賢かったような気がします。

 

読み返していつも思うのは、5巻のTRAFFICS 1の話が好きで、破裂の人形のカッコよさは何度見ても「おぉー」となり感慨深いです。

未読だった13巻以降は、MH(モーターヘッド)からGTM(ゴティックメード)に変わり、ロボット関係の仕様変更に違和感がかなりあったけど、物語は変わらず面白いのでこれはこれでいいかなと思うようにしました。(脳の記憶がが追い付かないともいう)

 

16巻は、ニュータイプ2020年11月号連載分まで収録なので、もうすぐ発売されそうです。(その後雑誌連載と並行して単行本作業し21年内に出版したいとアナウンスがありましたので、まだ少し先になりそう)

F.S.S. DESIGNSは3まで持っているけど、4以降も買うべきか否か。

高いな~。

では、また次回。