ひとり言

ニュージーランド産ダズル(Dazzle)りんごを食べた

春が過ぎ、早生品種がで始める8月下旬まで国内産のりんごはオフシーズンで、冷蔵貯蔵されたふじなど限られた品種しかお目にかかれません。

代わりにニュージーランド産のりんごが旬を迎え、私のところでは5月にブリーズがで始め、ダズル、ロイヤルガラ、グラニースミス、ニュージーランド産のふじが店頭に並びます。

去年はブリーズ以降のニュージーランド産りんごはあまり見かけず、ふじばかり食べていましたが、今年はいろいろな品種を店頭で見かけました。

 

ダズル(Dazzle)は、日持ちが良好で8月過ぎまでお世話になったりんごです。

 

 

果皮は濃くて光沢のある鮮やかな赤色。「Dazzle」は(光で)目が眩むや、まぶしいという意味なので、艶やかな赤色の見た目が名前の由来なのかもしれません。

果肉はかためでパリッとした歯ごたえと強い甘みが特徴です。私はブリーズの次にダズルを食べたので、酸味のほとんど感じられないほどのその強い甘みに驚き、ひと口目はりんごっぽくない別の果実かなと思ったくらい。

この甘さはみなさんに味わって欲しいですね。

ニュージーランド産のりんごは輸入量が増えているので、春過ぎも旬のりんごが味わえてありがたい。

では、また次回。