ひとり言

飼っていたネコの思い出と「エンジェルタイム」を知る

飼いネコの思い出

私が中学に上がるくらいまでネコを飼っていました。

メスのネコで名前はミヨといいます。

姉が拾って、姉と祖母で面倒をみていたので、私の中では飼っていたというよりは同居していた感覚に近いです。

私が生まれる前から家に住んでいた、大先輩です。

 

可愛がっていたというよりは・・・

大先輩でしたが、私がかなりクソガキだったせいで、扱いがかなり手荒だったと思います。

シャーッ!!とブチ切れられたり、噛まれたり、ひっかかれたりしてました。

過去に戻れるなら、そのクソガキを蹴っ飛ばしてネコをもっと大事にしやがれと言ってやりたいくらいです。

 

私の幼さを見抜いていた

ある時、年の功か、先輩の余裕なのか、コウモリやネズミをくわえてもってきたことが何度かあります。

ただの「おみやげ」や「プレゼント」というわけではないらしく調べてみると、

「自分で狩りができないダメなヤツ」だと思って、獲物を分け与えてくれているという心配心からくる理由や、

「コイツ狩りができないしょーもないヤツだから、弱ったエサ使って私が教えてやろう」という親切心からくる理由があるそうです。

内弁慶で吠えるだけの、何もできないクソガキなことを、ちゃんと見抜いてるわけですよね。

流石です。

その時は、このコウモリをどうしようかと困った覚えがあります。

今、理由がわかると、ネコに心配されてたんだなと苦笑いしちゃいますね。

ネコならではのトラブルは当然あった

他に印象にあるのは、建て替えて新築した家にお気に入りの窓枠があって、

そこの木で爪を研いでボロボロにしていましたね。

爪とぎ防止シートや爪とぎタワーなんて気の利いたやつ当時あったかな・・・?

 

あとは祖母の部屋で、ノミが大量発生したことですね。

ノミは毎日20匹くらい見つけてはつぶしていたと思います。

今は笑える思い出ですけど、その時は必死につぶしてました。

 

長生きしたけど、さすがに寿命

姉が嫁ぎ、晩年は祖母と私が面倒を見るようになりました。

祖母の話を聞く限り、家にきて20年は生きていたそうです。

老いからか下半身がいうことを聞かなくなり、後ろ足を引きずり廊下を滑るようにして移動したりしてました。

トイレの場所がわからないのか(もしくはたどり着けなかったのか)全然違うところで粗相をしてしまったり、吐く回数も増えました。

20年も生きたんだしそろそろなのかなぁと、なんとなく察したところもあります。

ある日、学校から帰るとミヨの姿が見当たりません。

聞けば「ごはんをいつも以上に食べた後ニャーとひと声あげて出ていって、それっきり帰ってこない」と祖母は答えました。

「ネコは死ぬ姿を人に見せない」とか「ネコは死ぬ前に姿を消す」といった言葉は耳にしたことがあります。

知っていたので「死別した」というよりは「いなくなった」や「旅立った」という感覚のほうが強いです。

20年生きたし、化けたか猫又になったりしてどこかで生きているんじゃないかと、今でも思ったりします。

 

エンジェルタイムという言葉を知る

“猫は死期が近づくと姿を消す”といわれる。なぜそのような行動をとるのか真相は解明されていないが、動物は具合が悪くなると、安心して休めるよう、敵に襲われない安全な場所に身を隠す習性があるという。体力を回復させようと隠れたものの、そのまま死んでしまう場合もあり、それらの行動が飼い主からすると、自分の最期を予感して姿を消したように感じてしまうようだ。

「死に場所を求めて姿を消すのではなく、あくまで回復のために身を隠すだけ。むしろ猫は自分の死期を悟ると、飼い主にいつも以上に甘えたり、最後の力を振り絞って元気な姿を見せるなどの行動をとることが多いんです」

とは、往診専門動物病院「わんにゃん保健室」の院長・江本宏平さんだ。その意図は、死期を悟った猫が飼い主に対し、感謝の気持ちを示しているのではないかという。

「私はこの飼い主と愛猫の最期の時間を“エンジェルタイム”と呼んでいます。天国へ旅立つ前の大切な時間です」(江本さん・以下同

 

 

こういうことだったんだと、漠然とそうなのではと感じていたことが確信に変わりました。

最後まで世話してくれた祖母に「ありがとう」と「さよなら」を言って去ったんだと納得しました。

 

「ごはんをいつも以上に食べた後、ニャーと大きくひと声あげて出ていって、それっきり」

祖母の言葉が今でも記憶に残っていて、最近は涙腺が緩いせいか思い出すたびに目頭が熱くなります。

 

ネコの映像を見るとまた飼いたいと思うのですが、自分や両親のことで精一杯で飼うイメージが湧きません。

子供の頃の残念な扱いのこともあるので、今度は100%全力で大事にしないといけないな、という気持ちもプレッシャーとしてあります。

先のことはわかりませんが、いつか飼えたらいいですね。

 

偶然ですけど、トイレ掃除をしようとトイレに入った時、便座カバーがコレに変わっていました。

これを見てミヨのことを思い出したわけではないです。偶然です。

書きながら泣きそうになっていたのを、ごまかしているのは否定しません。

では、また次回。