ひとり言

写真の写りが悪い?意識を変えて写真を肯定しよう

写真写りが悪いのは、写真に撮られるのが嫌いだから

先日、免許の更新の話をしましたが、服装の他にも気になることがあります。

それは、相変わらず「写真写りが悪い」ことです。

ほうれい線が目立って老けて見えます。

きっと痩せているから頬の肉が足りなくて、写真という平面情報の見え方で口周りの口輪筋が目立っていた。

そんな感じで深く考えていませんでしたが、とにかく写りが悪いので写真に撮られるのは嫌いでした。

ならもう少し太ればよかったのか、表情筋を鍛えたらマシになったのかというと違うみたいです。

写真が嫌いな人は、例外なく写真に撮られるのが好きではないんです。

なぜなら、写りの悪い自分の写真を見て嫌な気分になるから。

ループするんですよ、撮られるのが嫌だと思いながら撮られて、

やっぱりねと写真を見て嫌な気持ちになる。

一応ね、免許の写真を撮る時は少し口角をあげているつもりでした。

しかし、出来上がったものは、小手先ではどうにかなるはずもなく微妙でした。

根本的に写りが悪いだろうと思っているだけに、最初から表情が死んでいましたね。

 

いい気分だといい写真

もう一つ最近撮った写真があって、誕生日を祝ってもらった時の写真があります。

「はい、チーズ」とかけ声で撮った写真は少し表情が硬かったですが、

いつの間に撮っていたのか、気づかない時に撮られていた写真が何点かあったんです。

これが思いのほか悪くないんですよ。驚きでした。

いい年なので年齢的な部分も含め、ほうれい線はしっかり写っていましたが、

この間の免許の写真とか、証明写真の顔と比べると全然イヤな感じがしなかったんです。

お酒も入っていい感じに酔っていましたが、良い表情でした。

 

写真を肯定してみる

写真写りが悪いループを抜け出すなら、酒の席で酔っ払った自分を気づかずに撮ってくれ。

ってことじゃなくてもいいです。(そうしてみてもいいですが)

小さい頃の写真をアルバムを引っ張り出してみるといいかもしれません。

無邪気に遊んでいる顔や、無垢な笑顔の写真が収められていると思います。

それらを見返してみて、こんな顔して笑っていた、良い表情で写っていたと、

写真自体を肯定してみることから始めて、今の写真も肯定的な部分を見るようにします。

嫌なことばかり目を向けずに、「こんな風に写ったんだ」と面白さや楽しさに目を向けてみましょう。

写真に肯定的になれば、写る時の気分も「いい気分」に変わり、写真写りも改善されます。

ループを抜け出すきっかけになるといいですね。

 

小中学校の頃の写真は可愛かったです(自分でいうのはアレですが)

屋根の上でポーズ取ってドヤ顔とかありました。その頃は写真が嫌いってことはなかったはず。

写真が嫌い、写真写りが悪くなった頃は、おそらく就職活動の辺りからですね。

それ以降は表情が死んでいて、暗いオーラを纏っていたかもしれないです。

要は気分と写真に対する見方です。無意識な否定をする前に、意識的に肯定してみましょう。

読んでいただきありがとうございました。