ひとり言

信じたくない気持ちとは裏腹に、天気予報の正確性に嘆く

事情があって、いつも休みの曜日ですけど明日は出勤になりました。(その代わり明後日がお休み)

大雪なので、早く寝て朝の雪かきに備えます。

なんとまあタイミングの悪い日に出勤になったものです。

 

先週末、気温が10℃近くまで上昇し、今週末も気温が上がる予報で、その間の数日で1日4・50cmオーバーの降雪は信じられない、信じたくないと思いましたが、しっかり大雪がきました。

水曜に近づくにつれて降雪の予想量が増え、勘弁してくれと思いつつその通りに降るので、天気予報の精度の高さがうかがえます。

週明けの爆弾低気圧による風もすごかったです。一気に50hPa近く下がって台風並み強さになったし、そんなに強くなる?と疑ってもやっぱりそうなりました。

 

天気予報の精度は90%以上と、前日の予報ならほぼ外れることがなくなっています。

毎日の分析や日々の改善で、精度の高い情報を得ることができてありがたいです。

大雪に関しては外れてくれ(予報より降らないでください)と思いたいところですけど、覚悟を決めるしかなくなりました。

 

そんなわけで、今日は仕事は休みでしたが朝・昼・夕方と家の雪かきをしていました。

一通り終えた後に、最初にやった箇所を振り返ると、既に白く染まり1cmほど積もっているので、あ゛~~~となり気持ちが萎えます。

夕方に雪かきしてから、半日後の早朝はどれくらい積もっているかなぁ。

あーやだやだ。

 

九州にも雪が降っているニュースを見ていて、どこも大変だと思います(子供たちは楽しそうですが)

雪に慣れてないところはスリップ事故、大雪が降るところは除雪などの事故にお気を付けください。

では、また次回。