ひとり言

名言を残せる?残したい?まずは自身の積み重ねから。

昨日今日と仕事終わりに本屋に寄って本を買いました。

外はかなりの強さの雨が降っていたので、今日もレジ袋を買いました。

昨日、おそらくレジ袋を買うことはないでしょうと言った手前、どうなんだろうと思いましたが、「おそらく」なのでセーフでしょう。

金輪際、本屋でレジ袋なんて買わねーよバーカバーカとか言ってしまっていたら、こっそり昨日の記事は修正しています。

 

昨日今日の購入物ですが、

  • 鬼滅の刃 21巻(特装版)
  • アクタージュ 12巻
  • Dr.STONE 16巻
  • やまもとりゅうけんさんの「知っているかいないか」で大きな差がつく! 人生逃げ切り戦略

「逆境をチャンスに変える人生の名言700」

衝動で買ってしまいました。

自分の中にずっとあるモヤモヤした閉塞感みたいなのが、少しは晴れるのかなーなんて。

そして、読んでいるうちに名言を1つでも残してみたいような気になってきます。

でも、狙って作れるようなものでもないですよね名言って。

 

名言って、あたりまえのことを言ってるだけのようなものも多いです。

何かを成したり、積み重ねた人が言うから「名言」になるのであって、私がそれっぽく言っても名言にはならないんですよね。

あとは、各々の捉えかたでも違いますよね。

本の引用が名言として入っていて、引用元の本を読んだことがある人にとっては、

そこって名言だったんだって思ったりして、感じかたなんて結局は人それぞれです。

名言を狙っては作れないけど、自分の経験則で語れることがあれば、それは誰かにとって残る言葉になるかもしれません。

あいにく私のブログはいろいろな人のブログを見たり、わからないことを調べたりしながら書くことが多いので、他人の受け売り感が強いと思われてもしかたないです。

もっと本を読んだり情報を得たりして、それらをきちんと考え、私はこうですと伝えていければ、名言を残すとまではいかなくても、いいブログになっていくはず。

 

仮に狙って良い言葉を言ったとしても、あー今いいこと言ったわ!って後から自分で言って台無しにしたくなります。

では、また次回。