ひとり言

年を取るとメガネが1番楽になる

眼鏡が楽でいい

私はメガネを使用しています。

視力はかなり悪く、0.1未満です。

母親も私と同じくらいの視力で、もしかしたら遺伝も要因にあるかもしれません。

それに加えて小っちゃい頃からゲームばかりしていたので、より視力が落ちやすかったのだろうと思っています。

小学校3年生で0.6か0.7になり、その時からメガネをするようになりました。

最初は抵抗があったし、メガネをした顔が嫌いでした。

コンタクトを使っていた時期もありましたが、やっぱりメガネが1番楽でいいです。

 

視力が超悪くても、見えないわけじゃない

0.1未満の見え方はこんな感じです。

外にでて運転や何か作業をする時は、メガネ無しだと当然ですが無理です。

しかし、家の中をうろうろするくらいなら、どこに何があるかくらいはなんとなくわかります。

視力が悪くない人からは、0.1未満はお先真っ暗なイメージみたいですが、不便なだけで見えてはいます。

 

外見を気にしなくなった

良くも悪くもですが、格好をつけなくなりました。

若い時はモテたいとか、若い男子の欲求として女性と付き合いたかったです。

今となっては、外見ばかり気にしてもしょうがないなと思う年齢になりました。

自分も周りも、外見より中身を見る人が多くなったのも、外見を気にしなくなった1つの要因です。

時代でしょうが、テレビやゲーム、スマホで近視が増え、メガネが珍しくなくなったのもあるでしょう。

だからといって、メガネ男子・女子と持ち上げなくてもいいかなとは思います。

メガネ同士で親近感はわきますけどね(笑)

 

コンタクトが面倒くさくなった

小さい頃は童顔で、女の子みたいと言われた時期もありました。

なので、10代20代は家でしかメガネにならなかったです。

思春期の時は、メガネ面が耐えられなかったのだと思います。

高校生の時に、ソフトコンタクトレンズを買ってもらい使用していました。

しかし、昔のソフトコンタクトは手入れが面倒で、指でこすり洗いをした後に専用の機械をコンセントに刺して、煮沸消毒をする形です。

慣れてくると付けたまま寝ちゃったりして、目に悪いこともしていました。

目にゴミが入るとすげー痛かったりして、メガネ面にならずに便利な部分も多かったですが、煩わしい部分もありましたね。

煮沸消毒で加熱するとソフトレンズは傷みが早いのも当時は難点でした。

今は1dayから1monthまで使い捨てが主流になっています。

私は、使い捨てソフトコンタクトレンズには移行せずに、ハードコンタクトレンズを使用するようになりました。

ソフトコンタクトレンズは角膜を覆う大きなレンズで、素材が水分(涙)を含み、その水分を通して角膜に酸素を届けます。

素材が柔らかいため装着感が良く、付けた時の違和感は少ないです。

レンズがズレにくいので、スポーツするのにも向いています。

 

ハードコンタクトレンズは角膜より小さく、目の中心の黒目を覆う程度でソフトコンタクトレンズより小さなレンズです。

レンズが小さいので角膜に酸素が届きやすい、まばたきによってレンズが少し動き、水分(涙)と一緒に酸素が届くといった特徴があります。

目に酸素を通すという点では、ソフトコンタクトレンズより優れていて目への安全性は高かったです。

煮沸消毒をする必要がなく、こすり洗いをして洗浄液につけておくだけでよかったのも、面倒くさがりな私には便利でした。

ただ、素材が硬いので着けた時の異物感はかなりあります。慣れてもレンズが付いてる感覚が無くなることはなかったです。

酔っ払って帰った時とかつけっぱなしで寝てましたけどね!(良い子はちゃんと外そうね)

ハードコンタクトレンズはゴミが入った時は超痛いです。

何か異常があって外せってことなので、目にはいいことなのですが咄嗟に外せない場合もあって、痛くて辛かったり「泣いているの?」と誤解された時もありました。

また、ふいに外れる時があって激しい運動には向きません。

私は自転車で通学中にまばたきで外れて、無くした!と焦った時がありました。

幸いなことに服に付いていたので無くさずに済みましたが、ハードレンズを買ったばかりのこともあり、外れた瞬間は背筋が凍りつきました。

 

目の手術は怖すぎる

費用は自己負担だし、何年かしたら老眼がくるかもしれない。

そうなると手術しても、視力回復の効果がでにくいそうです。

何より怖い。

 

視力矯正手術については長くなったので、別記事にまとめました。

レーシックは怖い?レーシック以外の視力矯正の新技術まとめコンタクトレンズを使用していた時期もありましたが、今はずっとメガネを使っています。 レーシックと呼ばれる視力矯正手術の話を聞いた時...

まとめ 年を重ねると

ソフトより手入れが楽だったものの、朝つけて夕方帰って外すという行為自体がだんだんと面倒になりました。

年を重ねると、モテようとか結婚したいとか思う気持ちも薄れたので、外見にこだわってもなという気持ちに変化しました。

なので、手術をしてまで視力を良くしようとは思いません。保険適用外でお金高いし。

なら、メガネが楽でいいわとなって今に至るわけです。

では、また次回。