ひとり言

コロナとインフルエンザを比べて、どうするかを単純に考える

収束する兆しの見えないコロナウイルス。

連日のコロナウイルスのニュースは、何が正しくて何が間違っているのかもわからず、

うんざりするものがあります。

 

私の中での結論は変わっておらず、

うがい・手洗いをしっかりして、食って、寝るですが、

それに加えて、

ウイルスにかかる前提で、免疫力を上げて重症化を防ぐ

という、諦めにも近い境地ですが、単純に考えるとこうなりました。

難しいことを言わずにシンプルに語ってみようと思います。

そもそもワクチンが無い

ワクチンが出来て、使えるようになり流通するまで「早くて1年半」と言われています。

「早くて」ですよ。

希望的観測でもっと早まってほしいとは思いますが、都合よくはいかないでしょう。

ワクチンの開発には通常、長い開発期間が必要なのです。

技術の進歩でワクチン自体が早く開発されたとしても、

安全性や副作用は?他の薬と併用するとどうなるのか?といった治験を行い、

人体にどう作用するのかをモニターする時間は、短縮することができないからです。

 

なので、今は感染のピークを低くして時間稼ぎをしようという方針です。

そう「時間稼ぎ」です。

医療機関がパンクしないようにするために、入院が必要な患者を少なくする必要があります。

治して退院して、次の患者の受け入れを繰り返せる体制を、維持するしかないです。

今現在ではすでに病床が足りず、ホテルを貸し切って軽症者はそこに移動させています。

時間を稼ぎ、医療体制を強化・維持ができるようにしなければなりません。

というわけで、なるべく新型コロナになるべくかからないようにすることが大事になります。

かからない、無症状感染だとしても他人に感染させない、家でおとなしくする。

ワクチンが無い以上、取る手段が限られているのです。

治れば本来はウイルスに対する抗体ができて、次はかからないと考えられています。

新型コロナに関しては、わからないことが多いので油断はできません。

 

社会的許容を得られるかが、大変

ワクチンが無いので時間を稼ぐという選択をし、完全な終息に時間がかかることが分かりました。

そうすると、「慣れる」すなわち、社会的許容をいつ得られるかということになります。

社会的に許容されれば、都市の封鎖や自粛の要請、経済が停滞することもなくなります。

(新型コロナを教訓に、次にまた必ず起こる感染症対策は必要ですよ)

ですが、難しいです。

Q10.通常の季節性インフルエンザでは、感染者数と死亡者数はどのくらいですか。

例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。

国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人です。

また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。
出典:厚労省 新型インフルエンザに関するQ&A

とあり、新型コロナよりインフルエンザのほうが死者を出しているのですが、

この慣れ・社会的許容によって新型コロナのような問題にはなっていません。

インフルエンザで緊急事態宣言は出ませんよね?

インフルエンザはタミフル・リレンザといった抗インフルエンザ薬があり、

「治るもの」というイメージができあがっています。

インフルエンザを正しく怖がっている人は、今となっては多くは無いですよね?

 

新型コロナはワクチンも明確な治療法も無い、この「無い」が恐怖を増やしていて、

インフルエンザより数字上は大したことなくても、理解されず怖いのです。

また、潜伏期間が長かったりと、インフルエンザより厄介と考えられる部分も多くて、

今もなお新型コロナに関する情報が次々と発信されており、安易なリスク比較はできません。

社会的許容の難しさは、原因と結果の数字だけ比較して「同じウイルス感染症ですよ」と

言うだけでは、理解と納得を得られないことにあります。

 

逆に言うと、新型コロナの解決策ができると一気に社会的許容が進みます。

治療法や予防策が明確になれば、得体のしれなかった恐怖は無くなり、

予防をしなかった自分が悪い、と自己責任に移っていくわけです。

酷い言いかたをすると、無関心になります。

もしかしたら今より死者が多くなる結果になっても、このような騒ぎにはならないでしょう。

インフルエンザと同等の社会的許容を得ることは、こういう悲しい側面も出てきますね。

 

いつかは感染すると思う

ワクチンが無く、緊急事態宣言後も感染者が増え続けている事実をみれば、

自分だけは大丈夫とは思ってはいけません。

ワクチンが開発・流通し、社会的許容を得るまでは、

予防法はインフルエンザと同じ方法を取るしかないです。

咳エチケット、うがい・手洗いは徹底しつつも、

無症状の感染者であるかもしれないと、家族間でも接触はなるべく避けるべきです。

重症化を避けるために日頃の健康を維持し、免疫力が低下しないように努めましょう。

感染・発症したとしても軽症(といっても、インフルエンザの数倍は苦しいそうです)のまま、

対症療法で、熱には解熱剤、せきにはせきをしずめる薬、栄養や水分補給には点滴

という形で、熱や痛みなどの症状を和らげることが治療の中心になるでしょう。

抗体を得て退院するんだくらいの覚悟はしておきたいです。

 

まとめ

書いたのを読んでみて、単純かな・・・?思いました。

まとめは少しシンプルにしてみます。

  • ワクチン無いからそのうち感染するだろうけど諦めろ
  • 重症化させない為に免疫力は上げよう
  • いつかは治療法が明確になる、そしてインフルと新型コロナが同じ扱いになる

どうでしょうか。

中国で無症状感染者の実態を把握するため、1万1千人を対象にウイルス検査と抗体検査を実施。

というニュースが15日にあり、集団免疫が獲得されているかを調べる目的もあるそうです。

無症状感染しても発症せずに治り、抗体ができている人が確認されれば、

感染予防の徹底がより重要になりますね。

読んでいただきありがとうございました。