ひとり言

ペロリストは不快で不衛生、舐めたらアカン

ペロリストってアニメなどのキャラ萌えからくる言葉だと思っていましたが、指先を湿らせて紙類をめくったり、ビニール袋を広げる人たちにも使われるんですね。

どちらにせよいい意味で使われないので、呼ばれないにこしたことはありません。

 

マスク不足が徐々に解消されてきたけど、まだ外出時にマスクをすることが不慣れだった頃に、仕事でレジをしながらこういう人をよく見かけました。

耳の紐から指を通しマスクを外すのではなく、マスクの口のところをつかんでアゴに下げ、ペロッと舐めてお札を出すおじいちゃん衆。

マスクをしている意味が無い!

マスクの裏でというか心の中でイヤな顔していたなぁと思いつつも、その時は話がさほど広がらずブログに書けなかったけど、書けるきっかけがあってよかったです。

 

もどかしい気持ちはわかるけど、他人も触るものと考えれば舐めようとは思いません。

仕事であちこち触って手は汚れるものだと思っているので、舐める行為がそもそも理解できないです。

手羽先(発想がおっさんぽい)とか、手を使って食べるものを食べた時にはペロッっと舐めるかもしれないけど、食事前には必ず手を洗いますから。

 

私も年中指先ツルツルで生きてきたので、仕事中は100均の滑り止めクリームが欠かせません。

買い物の際のレジ袋は、取っ手と袋の真ん中の飛び出たところを別々につかんで、2つを離すように引っ張ります。

そうすると、袋のマチ(厚み?)の部分が出てくるので、そこをつかめば袋を広げることが出来ます。

スーパーなどのサッカー台(商品を詰める作業台)にあるポリ袋は、袋を引っ張って伸ばすか、指先を使ってわしゃわしゃする、指先でだめなら両手でわしゃわしゃすると広げられます。

では、また次回。