ひとり言

1人の人間として心配してはいけないのか。

政権批判を絡めて叩く人もいて、怖い世の中だなぁって。

総理大臣だって1人の人間ですからね、休み無く働いたら体調を崩す時だってありますよ。

しかも一部の強烈なアンチから過激な批判を毎日受けています。

総理大臣って大変ですね。

だったら「心臓が7つ、脳が5つ」の人じゃないと務まらないなぁなんて冗談でも言いたかったけど、

現政権を独裁として某キャラを絡める人もいるみたいで、おちおちたとえ話も言えないですね。(言っちゃったけど)

 

話が逸れたけど、実際に政治家の仕事を知っている一般人ってどれくらいいるんでしょう?

話を聞いて、話し合って、決めて、指示を出してるんでしょ?みたいなことでしょうか。

楽をして既得権益を得ているとか、悪そうなイメージをする人もいるのかもしれません。

その辺は擁護している人も、叩いている人もよくわかっていないんだろうなー。

私もウイルス感染症も含め、経済や尖閣諸島の問題など山積する案件があるんだろうなとしか政治家の大変さがわかりません。

仕事内容すらよくわかってないのに、麻生さんの言葉尻だけ捉えて批判するのは違うなと思います。

心配こそすれ、叩くのは人としてどうなのよ。

ブラック企業と同列に語ったり、総理大臣動静を見て休日執務の平均時間を出して、たいして働いてないですよとか言っているところもあってキモいです。

国の為に毎日働いてくれたのであれば、まずそこに感謝したいですね。

 

一応付け加えますけど、1人の人間を心配しているのであって、自民党を支持しているわけではないです。

政治は結果責任であると総理自身も言ってますからね。

もし選挙があったら、今の時点では自民党には入れないかなー。

それはそれ、これはこれ。

では、また次回。